適切なデータルームのソフトウェアを発見、比較して選択します。| Data Room
バーチャル データ室のプロバイダ
あなたのプロジェクトのために適切なプラットフォームを見つけます。

合併および買収のための仮想データルーム

MAは、2つの異なる組織が1つになるプロセスです。ほとんどの場合、ほぼ同じ規模の2つの企業がMAの利点があることを理解すると発生します。幸か不幸かはわかりませんが、そのプロセスはデジタルでなければなりません。これは現代生活の基本的なルールの一つです。また、関与する企業の規模が大きいほど、特にMAである場合は、より強力なテクノロジーを関与させる必要があります。

MAは複雑なプロセスであり、デューデリジェンスと高い機密性が必要です。VDRの主な目標は、必要な書類へのアクセスをデューデリジェンスで提供することです。デューデリジェンスは、MAプロセスのあらゆる側面に関与しています。MAは、人々がVDRを使用する最も一般的な理由です。その理由は、監査に必要なすべての管轄データに膨大なスペースが必要だからです。また、収集されたデータはすべて極秘であり、それに応じて処理する必要があります。このような処理を提供し、リソースの使用量を減らすには、VDRを採用する以外に方法はありません。そのようなサービスに対する需要は日々増加していますが、潜在的な顧客はオンラインデータルームが何を可能にしているかを明確に理解していません。

MA取引のVDRのセットアップ

仮想データを設定するほとんどの場合、部屋は非常にシンプルですが、開発者がどれだけ簡単に作成するかによって異なります。一部の開発者は、ユーザーインターフェイスをナビゲートするのを複雑にしたり、VDRアプリケーションを他のユーザーと統合するプロセスを複雑にしたりできます。ユーザーを念頭に置いてソフトウェアを開発するサービスプロバイダーもいます。また、これらの優れた開発者は、顧客にインターフェイスのカスタマイズのオプションを提供しますが、これは良いことです。M&Aプロセスを実施する際には、ビジネスプロセスに関与し、VDRソフトウェアを使用して部屋を最大限に活用する方法を明確に理解している専門家が必要です。追加費用を回避するために、合併買収の準備をする際のオンラインデータルーム設定プロセスの主要なステップのリストを以下に示します。

  1. VDRの説明
  2. ニーズ評価
  3. 契約調印
  4. VDRの作成
  5. スキャンとアップロード
  6. メンテナンスと制御

M&AにVDRを使用する利点

最近の従来のデータルームは、仮想データルームほど人気がありません。これが真実である理由を明確に理解してみましょう。


経費の削減
物理的な部屋をどこかに配置する必要があります。建物の費用は別として、会社はそのメンテナンスに資金を費やさなければなりません。合計すると、これらの費用は膨大な数になります。仮想データルームを介して操作する場合、物理的なスペースは必要なく、必要な専門家数人だけです。場合によっては、必要なスペースを便利な場所で簡単に見つけることできませんでした。さらに、国際企業が関与する取引の例もあります。その結果、費用が急騰します。


有効性
アクセス許可の取得、旅行、必要な書類の検索に時間を費やす必要はありません。すべてがオンラインであり、ボタンを数回押すだけで実行できます。オンラインサービスVDRであるため、時間と費用が節約され、効率が向上します。また、すべてのデータは24時間年中無休で利用可能で、ユーザーは自分のペースで作業できます。


安全性
VDRは、機密文書のセキュリティを考慮して開発されました。オンラインデータルームサービスプロバイダーは、保存されているすべての文書の安全性を保証します。顧客に作業環境を完全に制御させ、顧客が安全で安心できるようにします。許可された人以外は誰もデータにアクセスできません。また、最新の追跡システムにより、顧客は、誰が、いつ、どこから保管されている部屋と書類にアクセスしたか監視できます。


利用プロセスの透明性
すべてのプロバイダーは、最新の追跡システムを自社製品に統合しています。このような機能を利用できるため、データルーム内で実行されるすべてのアクティビティを追跡、記録、保存、および監視できます。すべてのユーザーは自分のID番号を持っているので、誰がいつ入室したか、どの書類を検索したかを識別できます。気付かれずにデータが漏洩する可能性はゼロパーセントです。顧客は、誰が問題の原因であるかを常に把握できます。


便利さ
重要なデータへの迅速かつ簡単なアクセスがどれほど重要であるかを十分に強調することはできません。パートナーに貴重なデータを提供するために、VDRの顧客は大量のフォルダーではなくインターネットに接続する必要があります。